絵本読み聞かせ

絵本読み聞かせ

約40,000冊の絵本がめぐる保育園

ゆったりとした時間、優しく語りかける⼝調、お話に引き込まれる楽しさ。⾔葉のやりとり、⼦どもの表情を⾒ながら⼦どもの気持ちを考えて話し、楽しい時間を共有することは、親密な⼈間関係を作る⼤切な時間になります。また絵本は「想像⼒」や「聞く⼒」を育みます。「太陽の⼦」「わらべうた」保育園では、好きな絵本が増えるたびに、⼦どもたちの世界が広がります。お話を聞くときのきらきらした眼差しが、保育園にはあふれています。

こだわり①

⼦どもがいつでも絵本に触れられる環境づくり

「太陽の⼦」「わらべうた」保育園では、⼦どもが絵本を⾒たいと思ったとき、すぐ⼿に取れる場所に並べてあります。⼦どもは絵や⾊から絵本に興味を持ちます。表紙を⾒て⽂字の読めない⼦どもでも⾃分の読みたい本を選ぶことができます。
また、表紙を⾒せて置く平置きの絵本ラックで、しまいやすく⼩さい⼦どもでもお⽚付けが簡単にできます。⾝近に絵本に触れる環境を作ることで、絵本を読む楽しさと同時にお⽚付けの習慣が両⽅⾝につきます。

⼦どもがいつでも絵本に触れられる環境づくり

こだわり②

絵本を味わう

毎日の絵本で遊び、お誕生日会やイベントなどで絵本から飛び出した献立を提供しています。
「しろくまちゃんのホットケーキ」
「おひさまパン」
「はらぺこあおむしケーキ」
「おばけのてんぷら」
「おたすけこびとのケーキ」
楽しい献立で、子どもの中のファンタジーを育てていきます。

絵本を味わう

こだわり③

⽇本TOPクラスの絵本保有数

本好きな子どもに育ってほしいという想いから、全園で約40,000冊の絵本を保有しています。十分な読み聞かせを受けて育った子どもは、言語能力が高まる、想像力が豊かになる、集中力が身につくといわれています。
保育園に通う時期の子どもたちが、たくさんの絵本に触れて、お友だちと絵本とともに過ごす時間を大切にしています。

⽇本TOPクラスの絵本保有数

こだわり④

優良な絵本へのこだわり

優良な絵本は、お子さまの感性・想像力・感受性・道徳感などを育みます。
感性豊かで、心の綺麗な子どもに育つためにも、多くの絵本に出会ってほしいと願っています。
絵本日本一プロジェクトでは、絵本の“選書”を強みとする絵本ナビの編集長 磯崎 園子が 「気持ち、心を動かす7つのテーマ」というコンセプトのもと選書し、全園に7,500冊の絵本を入れました。

優良な絵本へのこだわり