食育への取組み

食育への取組み

⾷への関⼼を育み、⾷を育む⼒を⽬標にした「⾷育活動」を取り組んでいます。

幼児期は、⽣涯にわたる⾷習慣や⾷に対する考え⽅の基礎が⾝につく⼤切な時期です。⾊々な⾷品に親しみながら⾷べる楽しさを知り、健康な⼼と体の発育を促し、正しい⾷習慣の基礎を培う。
豊かな⾷の体験を積み重ねていくことでお⼦さまに⾷の楽しさや⼤切さを伝えていきます。

こだわり①

安⼼・安全を第⼀に

「太陽の⼦」「わらべうた」保育園では、素材の選定から献⽴作成、調理や提供時にいたるまで、⼀貫した厳しい基準を設けています。⾷物アレルギーや体調などに合わせて、お⼦さま⼀⼈ひとりの状態に最⼤限対応しています。 また、徹底した衛⽣管理のもとで調理し、安⼼でおいしい⾷事を提供します。
■ アレルギー対応について
「正しい診断に基づいた必要最⼩限の原因となる⾷物除去をする」ことが「太陽の⼦」「わらべうた」保育園の基本⽅針。かかりつけ医の診断と嘱託医の判断に基づき⾷物除去を⾏っていきます。個別に対応しますのでご相談ください
※状況により、対応できない場合もありますので事前にお問い合わせ願います

安⼼・安全を第⼀に

こだわり②

⾏事⾷や⽉々のテーマ⾷を楽しむ

■ ⾏事⾷
⾏事⾷や郷⼟⾷として受け継がれてきた伝統⾷を体験し、郷⼟への親しみを持つ。⾷材に旬があることを知り季節を感じる。「⾷」単体ではなく、⾷を通じて体のことや⽇本の⽂化など幅広く学んでいきます。
■ ⽉々のテーマ⾷
幼児は「⽇本各地の料理」や「世界の料理」などテーマを決めて、⾷を楽しんでいます。地図や地球儀で場所を探し、国旗を調べ、こんにちは、ありがとうを現地の⾔葉で教えてもらいます。⾷経験を広げ、知らない地域を想像する。毎⽉の楽しみです。
※実施の有無は園によって異なります。

⾏事⾷や⽉々のテーマ⾷を楽しむ

こだわり③

⼦ども参加型クッキング&栽培

「太陽の⼦」「わらべうた」保育園では、年齢ごとにできる範囲で⾷事のお⼿伝いをしています。栽培、買い物、野菜洗い、調理。お⼿伝いで様々な⼈と関わり、感謝される喜びを味わい、⾃分のことは⾃分で、の⾃信につなげていきます。
■ ⼦ども参加型クッキング
お野菜が苦⼿なお⼦さまも、⾃分たちで作った野菜のみそ汁はびっくりするくらいパクパク⾷べます。⾷事ができるまでの⼯程を知ることで、いつもごはんを⽤意してくれるおうちの⽅への感謝の気持ちも芽⽣えます。
■ 栽培
プランターできゅうりやトマトを栽培し、⽣⻑過程を⾒たり、⾃分の⼿で世話することで、⾃然の恵みに感謝する気持ちを養います。収穫の喜びはひとしおです。

⼦ども参加型クッキング&栽培

こだわり④

⾷器へのこだわり

「太陽の⼦」「わらべうた」保育園では、安定感とぬくもりがあり、安全性が⾼い陶器の⾷器を使⽤しています。陶器はプラスチックに⽐べて、ある程度の重さがあります。そのため⾷器がずれにくく、ちょっと⼿がひっかかってもひっくり返りにくいのです。そして、⼤⼈と⼀緒!という喜びが感じられます。⼦どもは何でも「同じ」が⼤好きです。また、⼤⼈と同じ⾷器を使うことで、⼀⼈前に扱われたという意識が芽⽣えます。陶器は割れるからこそ⼤切に扱う。丁寧な⽣活の基本です。
※実施の有無は園によって異なります。

⾷器へのこだわり

こだわり⑤

⾷育シアター

「どうしておやさいは体にいいの?」
「おしょくじのときのおやくそく」
「⾷べ物はどこにいくの?」
「太陽の⼦」「わらべうた」保育園ではオリジナルの教材を活⽤し、⾷べ物の栄養素や⾷事の時のマナーについて学んでいきます。
※実施の有無は園によって異なります。

⾷育シアター