食育への取組み

太陽の子 新⼩川町保育園 M.Yさん 栄養士(正社員)

保育園の栄養⼠をやっていてよかったなと感じる瞬間は、⼦どもの「美味しかったよ」という⾔葉や笑顔を⾒た時です

太陽の子を選んだ理由は?

「のびのび、すくすく、にこにこ」という保育理念からみんなが笑顔で過ごす、温かい雰囲気の保育園が想像できたからです。⾷育にも⼒を⼊れているということで⾃分⾃⾝成⻑できるのではないかと思い選びました。
また、各地に園があるのも魅⼒でした。実際に私も引っ越しなどで園が遠くなったときに近くの園を紹介していただき、とても有難かったです。

今の仕事のやりがいを教えてください。

⼦どもたちの成⻑を感じられることです。野菜嫌いの⼦が野菜を⾃分から⼝に運ぶようになった、⾷具の正しい使い⽅に挑戦する姿を⾒た、など⽇々のちょっとした成⻑を⾒ることができたときはとても嬉しくなります。
現在勤めている太陽の⼦新⼩川町保育では給⾷室から保育室が⾒える窓があり、そこから⼦どもたちの様⼦を⾒るのも楽しみの⼀つです。

保育

⼊社前と⼊社後のギャップはありましたか?

ありません。私は保育業界は未経験で⼊社しましたが、頼りになる先輩に⽀えられ基礎を学ぶことが出来ました。
また現在は新たなスタッフと新園を⽴ち上げましたが、スタッフ間の関係も良く、給⾷室内の仲はもちろん、保育⼠さんや看護師さんとも関わりを持って仕事ができています。スタッフ間の仲の良さは⼦どもや保護者にも伝わりますし、みんなが気持ちよく働ける環境が⼀番だと感じています。

保育園の栄養⼠をやって良かったな〜と思う瞬間を教えてください。

⾷を通じて⼦どもたちと関わることができる事です。毎⽇の給⾷や⾷育活動で触れ合うことで、初めは「給⾷の先⽣」と声をかけてくれましたが今では名前を呼んでもらえるようになりました。「美味しかったよ」という⾔葉や笑顔を⾒れることが保育園の栄養⼠をやっていてよかったなと感じる瞬間です。

⾷育活動について、⼼がけていることを教えてください。

太陽の⼦保育園では絵本の読み聞かせに⼒を⼊れているので、⾷育の導⼊の際にも絵本を⽤いるようにしています。普段読んでいる絵本と結びつけ、実際に⾷材に触れることで⾷への興味・関⼼に繋がれば良いなと思っています。
また、⼦どもたちに⾷の楽しさや⼤切さを伝えたいと思い、⾷育活動では笑顔を⼼がけみんなが楽しみながら参加できるように⼯夫しています。

仕事後やオフの過ごし⽅は?

残業もなく、休⽇や有給もしっかり取れるのでプライベートも充実しています。仕事後にスタッフや友達と気になるお店に⾏ったり、お休みを利⽤して旅⾏に⾏ったりしています。仕事とプライベートのバランスがとれているからこそ、集中して仕事に励むことができると思います。

今後の⽬標について教えてください。

⼦どもたちに⾷べる喜びや楽しさをたくさん感じてもらえるような栄養⼠になることです。そのためにも⽇々の健康サポートはもちろんですが、これからは⾷と触れ合う時間を増やしたいと思っています。直接⾷材に触れるだけではなく、実際作る⼯程を⾒たり体験する機会や、⾏事⾷や郷⼟料理など様々な⾷にふれる機会を作っていけたら良いなと思います。
⼦どもたちが⼤きくなったときに少しでも園で⾷べた給⾷のこと、体験したことを覚えていてくれて、⾷⽣活に活かしてくれたら嬉しいです。

1日のスケジュール

  1. 08:00 出勤

    調理室の消毒、⻨茶作り

  2. 08:30 納品・検品、朝おやつ検⾷、朝おやつ準備、⾷材の切っさい

  3. 09:00 朝おやつ提供、調理

  4. 10:00 離乳⾷検⾷

  5. 10:30 離乳⾷提供、幼児⾷検⾷

  6. 10:45 盛り付け、提供、各クラス巡回

  7. 12:30 交代で休憩、⾷器洗浄

  8. 13:30 おやつ作り

  9. 14:30 おやつ検⾷(15:00 おやつ提供)

  10. 15:15 事務作業(献⽴作成、発注、⾷育案作成)

  11. 16:15 ⾷器洗浄、掃除、閉め作業

  12. 勤務終了

先輩スタッフのインタビューはこちら