子どもたちの表情に直接触れ合える、栄養士だけじゃなく「給食の先生」としての充実した仕事ができています。

私はこれまで老人ホームや病院、他の保育園でも栄養士を勤めてきたんですが、園から委託を受け、給食を作るお仕事でしたから、どうしても「給食を作る」ことが仕事のメインになってしまっていて、子どもたちが食べてる表情が見えないことに、どうしても違和感がありました。そんな時にHITOWAキッズライフとは出会ったんですが、ここは、栄養士も含めたスタッフ全員で園をつくっていくという環境で、私自身も栄養士でありながら、園の保育士の一人となって、食べる子供たちを見守ったり、お茶係をしたり、時には一緒に遊んだりしながら仕事ができました。そうしていくと、食事をする子供たちの表情や様子に直接触れられるんですよね。そんなある時「給食の先生になりたい」と直接言ってもらって、もう、泣きたくなるくらいうれしかったです。子どもたちからすると、給食をつくる人でもあるし、先生でもあるんですよね。HITOWAキッズライフの園はそんなシーンに溢れていて、とても充実して働くことができています。

食べるだけではない、色んな食育のアプローチを経験でき、子どもたちと一緒に育つことができます。

HITOWAキッズライフでは、自分で献立を考えて作ることができるため、もの凄いやりがいを感じています。自信がない人も本部作成の献立表があり、そちらに沿って調理すればいいので、不安になることはありませんでした。
HITOWAキッズライフが他の保育園と違う点として、「食育」を特に大切にしています。郷土料理や行事食など、いろんな料理を体験してもらうのもそうなんですが、それ以外にも、子どもたちが自発的に料理をしたり、酸味・甘味などの味覚を改めて感じてもらったりと、様々な角度から「食」を体験してもらっています。例えば、子どもたちの苦手な食材の代表といえば、やっぱり「ピーマン」。なんとか克服してもらおうと、私たち栄養士からはピーマンの切り方や味でアプローチしたんですが、一方、保育士さんからは、子どもたちがピーマンの栽培や育ち方を体験したり、ピーマンが登場する絵本を読んであげたりと、栄養士の私にはとても新鮮なアプローチもありました。いろんな角度からピーマンを体験してもらうと、理解が深まり「ピーマンって美味しいね!」と子どもたちに言ってもらえるようになる、こういった、保育士さんとつながって考える「食育」だからこそ、子どもたちにも伝わるし、私自身にとってもいい経験になっていますね。

スキルもかけがえない経験もキャリアアップも。そんなHITOWAキッズライフで一緒に頑張りましょう。

HITOWAキッズライフでは栄養士のキャリアアップにも積極的に取り組んでいます。入社1~2年目から研修制度も充実していますので、入社した後でも栄養士の知識やスキルも深めることができ、仕事をしながらどんどんレベルアップもできますよ。年に1度のe-ラーニングや技術検定によって「星」をつかってキャリアアップを表現してたりもします。私は栄養士リーダーとしてスリースター(三ツ星)を取得しました。そして、現場である保育園では、先ほどお話した、食育をみんなで考えたりという環境は、そういったスキルでは表現できない経験を与えてくれます。
新卒で入社されると先輩のことや仕事のことで不安になる方もいらっしゃると思いますが、必ず先輩がついて、一から教えてくれるので心配ありません。先輩で解決できない場合でも、近くにいる栄養士リーダーに聞くこともできますし、子どもたちに関することであれば保育士さんや園長先生もすぐにサポートしてくださいます。こんな風に、とても成長できる環境だと感じていますので、ぜひ、新しいスタッフの皆さんとも一緒になって、頑張りたいですね。

インタビュートップへ