働く経験を積みながら保育士資格を取得できる環境で、念願の保育士に。

私自身、大学は人間福祉学科でしたので、保育に関する知識はなかったのですが、子どもが好きで保育士にも興味があったこともあり、キッズライフに入社を決めました。内定が出てから保育の勉強を始めたんです。入社後も資格取得までは、まず、2歳児クラスの保育補助を担当しました。保育園の一日の流れや、子どもへのアプローチもわからなかったので、周りの先輩をよく見てマネをしながら、一つ一つが経験の毎日でした。でも、その経験がなにより、後から資格取得の時に活きてきて、実務と学習する内容がつながっていく実感しながら資格の勉強ができたことは、私にとっての財産になりました。無事に試験に合格したことを園のみんなに知らせると、すごく喜んでもらえたのは、一生の思い出になりました。
資格取得した現在は3歳児を担当し、ときどき4~5歳クラスも見ています。資格を取ったから、何か大きく変わったという印象はありませんが、資格を持っていないとできなかった書類業務や、来年度からは担任もやらせていただけます。後輩も入ってくるので責任を持ってこの経験を伝えていきたいですね。

保育士になってからも、サポートや働き方、環境も充実しています。

資格を取得せずに、社会人をスタートしたので、正直、1年目は不安も多かったです。でも、わからないことは質問すれば、先輩は丁寧に教えてくれますし、私が困っている時のサポートやアドバイスもすぐにいただけます。私がメインで保育を行うときは、子どもを盛り上げてくれたり、影でもサポートしてくれたりもしてもらいました。そんな優しさをいつも嬉しく感じていましたね。入社して2年、人間関係で悩んだことは一度もないです。
また、働き方も、保育業界って残業のイメージがありましたが、持ち帰りもなく残業もほとんどありません。ON・OFFのしっかり切り替えができることに、いい意味で驚きでした!
事務作業はお昼寝の時間帯で終わりますし、定時前に引き継ぎをして帰ります。行事も余裕を持って準備するので、行事の前も残業することはありません。お休みもしっかり取れるので、私は資格取得の勉強の時間も作れました。
HITOWAキッズライフは、人とのつながりを大事にしている会社だなと感じますし、他にも、例えば、ハウスクリーニングサービスを提供しているグループ会社の方と一緒に園内をお掃除したり、本部のスタッフがダンスや英会話を教えに保育園に来てくれたりと、自分のいる保育園以外のいろんな方と関わりを持つことができます。子どもたちもダンスは音の楽しさを知ってもらうことができ、英語は異文化に触れられるので、すごく嬉しそうです。そういう点がHITOWAらしさで私も日々刺激を受けています。

子どもの成長をモチベーションに、子どもたちに負けない成長をしたい。

保育園で働いてみて、難しかったのは「子どもを甘やかしすぎないこと」でしたね。子どもが「できない」と言うと、すぐ全部手伝っていたのですが、そうするとなかなか上達しないことに気付きました。子どもへの伝え方も、難しい言葉を使わずにどう上手に話すことができるか、最初は苦労しました。実際、未経験の私の想像を超える成長ぶりにたくさん驚かされましたね。絵もどんどん上手になっていきますし、大人が使っている言葉を急にマネしますし、去年の冬は上着のチャックを一人で閉じられなくて泣いていた子が、今年はササっと着て「できた!」って言っている姿を見たときは「はっ!」とさせられました。私も、子どもたちに成長で負けてられないなと思って、これからもしっかりと保育に打ち込みたいなと思います。

インタビュートップへ